簇りで生活を送るわんちゃんにとってペットオーナーはボスですが、本来単独で生活を送るネコにはそんな認識はありません。キャットにとってペットオーナーとは、ひと言でいえば、多種多彩なことをしてくれる気軽な?同居人という気分でしょうか。野生では体力がなくなった動物はまっ先に敵の食い物となるため、病魔やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な場所に隠れて治りを待ちます。この特長はニャンニャンももっており、調子が悪くなると縁の下や物置などに身を分からなくするのでしょう。忙しいときに限ってというのは飼主主観で、キャットにはそんなつもりは根っからありません。せこせこと走りまわる飼い主の足に狩猟本能が揺さぶられて、つい絡みついたり、食いついたりしてしまっただけのことです。ワンワンたちには住居を選んだり、好きな食べ物を選んだり、したいことをあいている時間にするなどの自由が一切ありません。飼い主さんに出来ることといえば、ことばがしゃべれないわんこの身になって一生を為し遂げさせてあげることが大事です。キャットは多方面にわたる表情や動作、ボディーランゲージを使って、僕らに話しかけています。ねんねことの通信をたのしむために、ねこ語をきちんと読み取りましょう。ねんねこは大体自分の思いで触られるのをねがうので、うんざりなほどなでられるのを嫌がります。また、触られるのを欲するネコでも、くどくされるとコミュニケーションを取りたがらなくなってしまうので、なで方のポイントをおさえておきましょう。ねんねこ同士にも相性があります。野生のにゃんにゃんの場合は島が幅広いので、気に食わない相手がいれば触ることを免れますが、限られた空間で暮らしている室内飼いねこの場合はそんなに上手にいきません。にゃんにゃんにフードをあたえても食べずに、砂をかけるような素ぶりをして引っ散らかす。ご飯が気に食わないの?と心掛かりになってしまいますが、これはニャンコの本能による行動で、この気質は排泄物だけでなく、瓜二つのニオイに対しても現れるのです。ワンコのお持ちゃの大抵は、飼主がいないときにあげてしまうと危険性をともないます。とくに布製のお持ちゃは、苦も無く破壊してしまい、わんちゃんだけの環境の中で渡してしまうと、食べる気がなくても不意に飲み込んでしまうことがあります。ひとと同じで、わんわんにも栄養のバランスはたいへん深刻で、ドッグフードの質においては値段だけで選ぶりゆうではなく、高いから質が良い、格安だから危ない、というりゆうではありません。飼い主さんはそのフードの中に、どんなものがどの位入っているかを認知しておかなくてはいけません。

ブリティッシュショートヘア 餌 キャットフード