夕暮や深更になると部屋中を凄いスピードで飛びまわったり家具の上に跳ねあがったりするニャンニャンはすくなくありません。ストレスや運動不足から起きる異様な行動ではと気をもむ方もいると思いますが、これは多くのにゃんこに見られるごく自然な行動パターンです。野生のいぬは、固りで生活し、共力して獲物を捕獲し、群内の社会的順位に添って獲物を分かち合って食べていました。獲物を毎日捉まえられるとは限らないので、いっきにとても沢山の食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。ワンちゃんが病気と診断されたときは、その状態の改善方法や進行を遅らせていくためにも、動物病院で販売されている特別療法食を与えることが必要となります。これはオブリゲイションではありませんが、わんちゃんに少しでも長生きしてほしいと思うならば、特別療法食を与えることが現在の段階では疑いようのない選択です。ワンコたちには家を選んだり、食べるものを選んだり、試してみたいことを好きなときにするなどの自由が丸っきりありません。飼主さんに出来ることは、ことばがしゃべれないイヌの身になって人生を為し遂げさせてあげることが大切です。ねこにごはんをあげても食べずに、砂をかけるような挙動をして引っ散らかす。ごはんが好きじゃないの?と気になってしまいますが、これはねこの本能による行動で、この特殊性は排泄物だけでなく、瓜二つのニオイに対しても現れるのです。野生ではやつれた動物はまず先に敵のえじきとなるため、疾病やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な地に隠れて快癒を待ちます。この特異性はにゃんこももっており、コンディションが悪くなると縁の下や物置などに身を隠し立てのでしょう。人間と同じように、いぬにも栄養のバランスは本当に深刻で、ドッグフードの品質は値段だけで判断できるわけではなく、高価だから品質が良い、安いから悪い、というわけではありません。飼い主さんはそのドッグフードの中に、どんなものがどれほど入っているかを認知しておかなくてはいけません。忙わしいときに限ってというのはペットオーナー考えで、にゃんこにはそんなつもりはまったくありません。忙しく歩き回る飼い主の足に狩り出す本能が揺さぶられて、ついまとわりついたり、アプローチしたりしてしまっただけのことです。健康状態が悪いわけでも、外囲が変わったわけでもないのに大好物を突然食べなくなるケースも時折起こります。ねこは食べ物にこだわりが強いものですが、自然界では毎々同じ獲物に出くわすとは限らないので、時折違う食べ物を欲することもあります。わんこのおもちゃの多くは、飼い主がいないときに与えてしまうと危険性をともないます。とくに布で出来ているおもちゃは、苦も無く破損してしまい、ワンちゃんだけの環境の中で渡してしまうと、食べるつもりがなくてもなんとなく遊んでいるうちに飲み込んでしまうことがあります。ドッグは人につき、猫は家処につくと言い渡されていますが、これはにゃんにゃんが自分の縄張りを何をさておいても大切にし、環境の変替を嫌いなことを言表わした言葉です。ねここの性状は、野生時代から育てられた準則です。ねんねこは元来自分の感じで触れられるのを願うので、くどくなでられるのを嫌がります。また、触られるのを好むニャンニャンでも、しつこくされるとコミュニケーションを取りたくなくなってしまうので、なで方のポイントをおさえておきましょう。固まりで暮らすわんちゃんにとって飼い主はボスですが、本来単独で過ごすにゃんこにはそんな認知はありません。ニャンニャンにとってペットオーナーとは、ひと言でいえば、豊富なことをしてくれる遠慮のない同居人という感じでしょうか。にゃんにゃんは幅広い形相や動作、ボディーランゲージを活かして、私達に語りかけています。にゃんにゃんとのコミュニケイションを楽しむために、にゃんこ語をきちんとくみ取りましょう。キャット同士にも相性があります。野生のネコの場合は領域が大きいので、受け入れられない相手がいれば接触を掻いくぐれられますが、限られた空間で暮らしている室内飼いニャンコの場合はそうもいかないのです。

トイプードルに安全な餌をお探しの方はこちら