ねんねこにご飯をあたえても食べずに、砂をかけるような挙動をして散らかしてしまう。

ごはんが好きじゃないの?と思い悩んでしまいますが、これはにゃんこの本能による行動で、この特有性は排泄物だけでなく、そっくりなニオイに対しても現れるのです。

群れで生活するわんわんにとってペットオーナーはボスですが、本来単独で日々を送るニャンニャンにはそのような認知はありません。

ねんねこにとってペットオーナーとは、ひと言でいえば、豊富なことをしてくれる気安い同居人という心情でしょうか。ニャンニャンは多方面にわたる顔つきや動き、ボディーランゲージを以って、私立ちに語り掛けています。

ねんねことの連携を楽しむために、ねんねこ語きちんと汲み取りましょう。ニンゲンと同じように、わんちゃんにも栄養のバランスはたいへん大切で、ドッグフードの品柄は値段だけで選ぶわけではなく、高いからクォリティーが良い、安価だから悪い、というわけではありません。飼い主であるあなたはそのドッグフードの中に、どんなものがどれだけ入っているかを認識しておかなくてはいけません。

わんわんが病気と分かった時点で、その状態の改善策や進行ぐあいを遅らすためにも、動物病院で販売している特別療法食を与えることが必要となります。これは責務 ではありませんが、ワンちゃんにより長生きしてほしいとかんがえるならば、特別療法食を与えることが現状態では確実な選択です。

様態が悪いわけでも、環境が変化したわけでもないのに大好物を予兆もなく食べなくなるケースも時として到来することがあります。

キャットは食べ物にこだわりが強いものですが、自然界では常に同じ獲物にありつけるとは限らないので、時々ちがう食べ物をもとめることもあります。

犬のお持ちゃの殆どは、飼い主が一緒でない時に与えてしまうと危ないです。

特に布製のお持ちゃは、苦も無く破壊してしまい、ワンワンだけの環境のなかで与えてしまうと、食べる気がなくても遊んでいるうちに飲み込んでしまうことがあります。いぬは人につき、にゃんにゃんはお家につくと伝えられていますが、これは猫が自分の領域を何をおいても大切にし、環境の変替をうけ入れられないことを記した言葉です。

ネコのこの気質は、野生時代から育まれた決りです。

野生では力ない動物はいの一番に敵のかっこうの的となるため、病やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な地に隠れて癒えるのを待ちます。この特長は猫ももっており、様体が悪くなると縁の下や物置などに身を分からなくするのでしょう。

猫は基礎的に自分の都合で触れられるのを好き好むので、うんざりするほどなでられるのを嫌がります。

また、触られるのが好きなにゃんにゃんでも、うんざりするほどされるとコミュニケーションを好まなくなってしまうので、なで方のポイント(貯めると商品と換えられたり、お金の代わりに使えることもあるものです)をわかっておきましょう。夕刻や夜中になったら部屋中を凄まじいスピードではしゃぎまわったり家具の上に飛び乗ったりするねこはすくなくありません。

緊迫状態や運動不足が原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)の異常行動ではと懸念する方もいると思いますが、これは多くのニャンコに見られるごく自然な態度です。

せわしいときに限ってというのは飼い主考えで、ニャンニャンにはそんなつもりは断じてありません。

せかせかと動き回る飼い主の足に狩猟本能が興奮して、ついついて回ったり、組みついたりしてしまっただけのことです。

わんちゃん立ちには住まいを選んだり、食べるものを選んだり、やってみたいことを好きな時を過ごすなどの自由がまったくありません。

飼主さんに出来ることは、言葉に出すことができないわんわんの身になって人生を全う指せてあげることが大切なんです。ねんねこ同士にも相性があります。野生のネコの場合は勢力範囲が広範囲なので、好みではない相手がいれば接触を避けられますが、限られた空間で生活する室内飼いニャンニャンの場合は沿う上手にいきません。野生のわんちゃんは、一群で生活し、協調して獲物を捕らえ、大群内の社会的順位に服して獲物を分けて食べていました。

獲物を毎日引っ捕えられるとは限らないので、一度に大量の食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。

ロシアンブルー モグニャン