犬は人につき、ニャンニャンは家につくと言われていますよねが、これは猫が自分の支配圏を何よりも大切にし、環境の変動を快く思わないことを示した言葉です。
にゃんにゃんのこの性質は、野生時代から叩き上げられた規程です。
固りで生活を送るイヌにとってペットオーナーはリーダですが、本来単独で日々を送るねこにはそういう認識はありません。

にゃんこにとって飼主とは、ひと言でいえば、多種様々なことをしてくれるお気軽な同居人という印象でしょうか。
ワンワンが病気と判明し立ときは、その状態の改善方法や進行を引き延ばすためにも、動物病院で販売されている特別療法食を与えることが必要となります。
これは責ではありませんが、いぬにちょっとでも長く生きてほしいと考えているならば、特別療法食を与えることが現在の状態では正しい選択です。キャットはがんらい自分の思いで触れられるのをねがうので、いやと言うほどなでられるのを嫌がります。また、触れられるのを欲するネコでも、いやと言うほどされるとコミュニケーション嫌いになってしまうことがあるので、なで方のポイントを掌握しておきましょう。日没や夜更けになると部屋中を猛スピードで騒ぎまくったり家具の上に跳びあがったりするねこはすくなくありません。緊迫状態や運動不足が原因の異常行動ではと案じる方もいると思いますよねが、これは多くのねんねこに見られるごく自然な身持です。
わんわん立ちにはお家を選んだり、食べるものを選んだり、やりたいことをいつでも好きな時間にするなどの自由が一切ありません。飼い主に出来ることといえば、言葉を発することが出来ないワンコの身になって人生をやり遂げ指せてあげることが大切です。
にゃんこ同士にも相性があります。

野生のねんねこの場合は縄張りがでかいので、気に入らない相手がいれば振り合うことをすり抜けられますが、限られた空間で遣っている室内飼いニャンコの場合はそんなに上手にいきません。ネコにゴハンをあたえても食べずに、砂をかけるような仕種をしてばらまきます。
ゴハンが好みじゃないの?と気づかってしまいますよねが、これはニャンニャンの本能による行動で、この特異性は排泄物だけでなく、類似したニオイに対しても現れるのです。野生のイヌは、大群で生活し、協同で獲物を捉まえ、群内の社会的順位に奉じて獲物を分けて食べていました。獲物を毎日捕まえられるとは限らないので、一気にとても大量の食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。
様態が悪いわけでも、外囲に変化があったわけでもないのに大好物を急に食べなくなるケースも往々起こります。猫は食べ物にこだわりが強いものですが、自然界では毎々同じ獲物に出っ交すとは限らないので、時おり違う食べ物を要することもあります。

フレンチブルドッグ 餌